「鳴子の おひさま」 

          施設のご案内

 この施設は、介護保険を利用される高齢者がたとえ認知症になられても、
ご家族が自宅で介護することを選択されるならば、その在宅生活を24時間365日
支えるとを可能にする新しい試みです。

≪「泊まる・通う・訪問する」を一体的・継続的に提供すること≫
 これは私どもとして初めての試みですが、スタッフは是非に成功させたいと意気込んでおります。

        概要をご説明します。

・介護保険の要介護の方がご利用になれます。
・新しく専属のケアマネが担当させて頂きます。
・ご利用料金は月額定額制(一割負担は従来どおり)です。
・国の定めでホテルコスト(宿泊の意味)と食事は個人負担です。
・小規模・多機能・地域密着の意味をご説明します。
   小規模=宿泊定員は9名まで
   多機能1=日中はデイサービスがご利用できます(15名まで)
   多機能2=ヘルパーと訪問看護師がご自宅を訪問します。
          これにより、ご本人、ご家族の意向と主治医の指示に従い
          「在宅の看取り」に協力が可能な体制となります。
居宅介護=地域密着=これは「たすけあい名古屋」一同の願いです。

056.gif詳細は下記に
030.gif☎899-0586  施設長 神谷 俊   ケアマネ 松本 千鶴
[PR]
by tasukeainagoya | 2011-09-08 16:09 | 鳴子の おひさま
<< おひさま だより